カサブランカグループ誕生秘話3

会員様ログイン / 会員登録がお済みでない方»

カサマニア広島 カサブランカグループの総合情報サイト

岡山版カサマニアはコチラ
  • お気に入りに追加
  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク


トップページ > グループ誕生秘話第1話 > グループ誕生秘話第2話 > グループ誕生秘話第3話
只今待機中|カサマニア広島
現在0名待機中 待機中の女の子をもっとみる
ママの仕事はデリヘル嬢 バツイチママのデリヘル開業日記
一覧を見る
Loading....
更新日:2018.08.22
吹石藍衣 45歳
T155.B95(G).W78.H94
五十路マダム 神戸店
熟女の魅力が詰まった可愛らしいムッチリボディのG…

更新日:2018.08.22
藤波理央 46歳
T152.B82(B).W68.H88
五十路マダム 神戸店
■神戸マダムの日常を覗き見■小柄な可愛らしいマダ…

更新日:2018.08.22
寺山美鈴 59歳
T152.B82(B).W63.H86
五十路マダム 神戸店
■神戸マダムの日常を覗き見■「リタイアするのは1…

更新日:2018.08.21
なの 23歳
T158.B80(C).W58.H83
秘密の電停 広島
完全業界未経験の現役OL「なの」ちゃんが秘密の電…

更新日:2018.08.21
柚木ありさ 46歳
T153.B98(E).W78.H88
五十路マダム 堺店
小柄でほんわかしたおっとりマダムは全身性感帯♪ロ…

更新日:2018.08.21
浅田千夏 40歳
T155.B102(G).W78.H97
五十路マダム 堺店
お顔を見るよりまずお胸に目がいってしまう自己主張…

更新日:2018.08.21
夏輝真実 51歳
T150.B92(D).W70.H89
五十路マダム 高松
小柄で笑顔がチャーミングな『夏輝真実(なつきまみ…

更新日:2018.08.21
島崎真奈 48歳
T152.B86(C).W64.H88
五十路マダム 高松
色白で可愛らしい奥様、島崎真奈(しまざきまな)さ…

更新日:2018.08.21
松坂 愛 54歳
T156.B78(B).W68.H87
五十路マダム 横浜店
マダムの秘密はこちら...黒髪の外見が目を惹く綺…

更新日:2018.08.21
成宮 秋 51歳
T157.B87(H).W55.H78
五十路マダム 横浜店
マダムの秘密はこちら...熟女の洗練された品位と…

モバイルサイト デリヘル初めて物語 カサブランカグループ誕生秘話 ママの仕事はデリヘル嬢マンガ 広島風俗求人センター FCオーナー募集 スタッフ紹介
広島県
逢って100%即尺 広島
カサブランカ 広島
マリーマリー 広島
モザイク 広島
ミセスカサブランカ 広島
天使のゆびさき 広島
天国にいちばん近い島 広島
秘密の電停 広島
五十路マダム 広島
五十路マダム 東広島
五十路マダム 福山
モザイクな奥さま 広島
岡山県
秘密の電停 岡山
カサブランカ 岡山
ミセスカサブランカ 岡山
五十路マダム 岡山
五十路マダム 津山
五十路マダム 倉敷
天使のゆびさき 岡山
クオリア 岡山
マリーマリー 岡山
山陰
五十路マダム 松江出雲
五十路マダム 米子
兵庫
五十路マダム 姫路
ミセスカサブランカ 姫路
天使のゆびさき 姫路店
カサブランカ女学園 姫路校
五十路マダム 神戸店
京都府
五十路マダム 京都
ミセスカサブランカ 京都
なでしこ 京都
和歌山県
五十路マダム 和歌山店
大阪府
五十路マダム 堺店
三重県
カサブランカ 松阪
秘密の電停 松阪
五十路マダム 松阪
ミセスカサブランカ 松阪
五十路マダム 四日市
静岡県
五十路マダム 浜松店
五十路マダム 静岡店
香川県
秘密の電停 高松
五十路マダム 高松
ミセスカサブランカ 高松
福岡県
五十路マダム 博多
五十路マダム 飯塚
熊本県
五十路マダム 熊本
五十路マダム 八代
愛媛県
五十路マダム 松山
徳島県
五十路マダム 徳島
高知県
五十路マダム 高知店
神奈川県
五十路マダム 横浜店
栃木県
五十路マダム 宇都宮店
仙台
五十路マダム 仙台
金沢
五十路マダム 金沢
ぽちゃぶらんか 金沢
福島県
五十路マダム 郡山店
新潟県
五十路マダム 新潟店
岐阜県
五十路マダム 岐阜店
山口県
五十路マダム 下関店
カサブランカ誕生秘話

<前回までの内容>離婚を機にデリヘル嬢として働き始め人気嬢となるも、その店の女性オーナーに憧れて独立。平成17年11月16日に「カサブランカ」をオープン。睡魔と戦いながらドタバタな毎日を送り、目標としていたオープン三ヶ月を無事に迎える。そして経営も軌道に乗り始めた平成18年6月、姉妹店がオープンするのだった。

前号の続きですが、面接をしているとバツイチの女性が多いことに気づいたとか?
そうそう、私と似た環境や境遇の女性が多くて驚きましたね。
それが姉妹店のオープンとどんな関係があるんでしょう?
当時からカサブランカは外見も内面も魅力的な二十代の女の子の店というコンセプトがあったから、素敵な女性なのに三十代だったり、若いけどママさんだったリすると採用できなかったんです。それで、そんな女の子が働ける店を作ろうと思って、「マリーマリー」を立ち上げることにしたんです。
なるほど。ちなみにその頃はスタッフも増えてたんですか?
さすがにドライバーさんは雇ってたけど、電話番は私だけ(笑)。
それもまた無謀というか、チャンネルが増えた分、忙しさも半端じゃなくなるのでは?
たしかに携帯が同時に鳴ったりするので、限界は感じてましたね。だけど、お客様とコミュニケーションを取るのが仕事なので、電話応対だけは人に任せられなくて・・・。
というか、今でも電話対応してますよね(笑)。
あはは。貧乏性というか『自分かやった方が早い』って思っちゃうからダメなんでしょうね。でも、今では信頼できるスタッフも増えて、私以外の女の子が電話に出る時もありますよ。
さらにカサブランカが一周年を迎える前に、三店舗目の店がオープンしました。しかも今度は毛色の違うマッサージ店ですが、何か特別な理由でも?
デリヘル時代の話なんだけど、プレイが終わってマッサージをしてあげると喜んでくれるお客さんが多かったんですよ。それで、デリヘルとマッサージを組み合わせた店が作れないかな」ってスタッフの皆と話してて、どうせなら本格的なマッサージの方が・・・」ってことで、『天国にいちばん近い島(以下・天国と略)』をオープンさせたんです。

悩みのタネも頑張ってこれたのも人との繋がり

なるほど。開業から一年で三店舗をオープンさせるのは大変だったと思いますが、すぐに結果は出ましたか?
お陰さまでカサブランカは順調でした。マリーマリーは、採用基準にこだわり過ぎて、女の子が増えずに、軌道に乗るまで三ケ月くらいかかったかな。一番大変だったのが天国。今の盛況ぶりを思えば信じられないけど、当時の広島では派遣型マッサージ店の認知度が低くて、店のコンセプトを理解してもらうのに半年くらいかかりましたね。
へえ、傍からは順風満帆な感じに見えてましたが、いろいろと苦労されてるようで・・・。
そりゃもう、「辞めてやる!」って何回思ったことか(笑)。ていうか、店を運営する苦労より、スタッフや女の子、お客さんのこととか、人間関係の壁にぶち当たることの方が辛いかも。でも、そんな時に一頑張って!って勇気づけてくれたのも、スタッフや女の子やお客さんだったから、今まで頑張ってこれたんだと思います。
話は変わりますが、店の名前はどうやって決めてるんですか?
店名はスタッフでミーティングをして決めます。以前、ブログにも書いたんだけど、私のアイデアはことごとく不採用。ていうか、」華店長は黙っててください!」って言われる始末(涙)。まあ、カサブランカも、最初は「メイドでございます」にしようと思ってたぐらいだから、やっぱリネーミングセンスがないのかも(笑)。
それではここで、カサブランカグループの広告戦略について話を伺いたいのですが。
戦略って言うほど具体的なことは何もないけど、最初はお金かなくて、雑誌に掲載できなかったからウェブで・・・(以下次号へ続く)
第二話に戻る第四話を読む
1 2 3 4