デリヘルママのちょっと一言

会員様ログイン / 会員登録がお済みでない方»

カサマニア広島 カサブランカグループの総合情報サイト

岡山版カサマニアはコチラ
  • お気に入りに追加
  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク


トップページ > 記事一覧 > 「デリヘルは海外じゃ成立しない?」|男と女の四方山話
只今待機中|カサマニア広島
現在0名待機中 待機中の女の子をもっとみる
ママの仕事はデリヘル嬢 バツイチママのデリヘル開業日記
一覧を見る
Loading....
更新日:2018.01.20
安達なお 42歳
T150.B80(B).W61.H81
五十路マダム 広島
 完全業界未経験の小柄でスレンダーな美人シングル…

更新日:2018.01.19
ひなの 21歳
T158.B103(F).W62.H86
秘密の電停 広島
“完全業界未経験!!”とにかく朗らかで、人あたり…

更新日:2018.01.19
百合菜 28歳
T161.B85(C).W59.H87
モザイク 広島
この度モザイクに仲間入りしてくれるのは、エッチな…

更新日:2018.01.19
澄華 33歳
T160.B87(D).W60.H85
天使のゆびさき 広島
パッチリとキレイな瞳の持ち主!澄華ちゃん☆とって…

更新日:2018.01.19
高島玲奈 46歳
T155.B90(E).W72.H92
五十路マダム 広島
清楚な雰囲気と大人の色気をあわせ持った極上セレブ…

更新日:2018.01.18
坂根まみ 47歳
T157.B90(D).W70.H91
五十路マダム 広島
とってもおおらかで笑顔の素敵なレディ「坂根まみ…

更新日:2018.01.18
美幸 32歳
T158.B82(B).W59.H85
天使のゆびさき 広島
清楚で女性らしい雰囲気漂うキレカワな美幸さんです…

更新日:2018.01.18
唯川理沙 50歳
T164.B84(C).W59.H85
五十路マダム 広島
もともと結婚願望がなかったからかもしれないんです…

更新日:2018.01.17
24歳
T150.B85(D).W60.H87
モザイク 広島
パッチリとした綺麗な目元に整ったお顔立ちの「瞳(…

更新日:2018.01.14
綾香 26歳
T157.B86(D).W58.H83
天使のゆびさき 広島
整ったキレイなお顔立ちと、優しい雰囲気が溢れるキ…

モバイルサイト デリヘル初めて物語 カサブランカグループ誕生秘話 ママの仕事はデリヘル嬢マンガ 広島風俗求人センター FCオーナー募集 スタッフ紹介

『それってホントに?!』― 性にまつわる世界の変な法律について考える ―

「デリヘルは海外じゃ成立しない?」

 交通違反だろうが万引きだろうが、法律や条例に違反すると罰せられるのは当たり前のこと。それは風俗の世界でも同じ。デリヘルは風営法という法律を守って営業しているので、本番(挿入)は御法度。興奮した男性が最後までしたいという気持ちはわからないでもないけど、そこは残念ながらルールを守って楽しく遊んでいただきたいものです。

 とはいえ仮に法律や条令が理不尽なものだったり、日常生活に支障をきたすようなものだったりすると大変なことに。例えばインドネシアの場合、ゴミのポイ捨てが罰せられるのは有名ですが、なんとチューイングガムが禁止されている(罰金8万円)そうです。理由は、ゴミのポイ捨てと同様にガムを道に吐き出す人が多く、観光国として街の美くしく保つためだとか。

 ガムですよ、ガム!! 法律の意図はわかるんだけど、罰則で規制するほどガムを吐き出す人が多いなんて、どんだけシンガポール国民はマナーが悪いの?と、むしろそちらのほうが気になってしまいます。まあ、日本でも飲酒運転の罰則を厳しくしたけど、いまだに飲酒運転による交通事故はなくならないことを考えると、どこの国にも、「バレなきゃ大丈夫」という自分に甘い人が多い証拠ことがわかりますよね。

 ところで、文化や宗教が異なれば、自ずと生活習慣も異なるもの。インドの人が右手で手づかみで食事をするとか、アメリカではオナラよりゲップの方が不謹慎というのは有名な話ですが、これらは法律で規制されたものではなくマナーの問題。たとえ左手で食事をしようが、レストランでゲップしたとしても周囲から冷ややかな眼差しを受けるだけで、警察に捕まることはありません。
 
 とはいうものの、郷に入れば郷に従えと言うように、「知らなかった」じゃ済まされないのが法律違反。日本では当たり前に許されていることが、いざ海外では法律で規制されたなんて、後でわかったらさあ大変。特に性に関する法律は、日本でも厳しく罰せられるだけに、「性、世界、法律」で検索してみると、(コトの真相は定かではありませんが)「はあ? ホントに?」と言いたくなるような法律が紹介されていたので、デリヘルの経営者という立場からツッコミを入れてみたいと思います。

 中国では「女性がホテルの部屋で全裸になっていいのは浴室だけ」。ということは、中国でデリヘルをやる場合、女の子はお客様に接客するときは服を着ているってこと? つまり、コスプレ専門店じゃないとダメってことね。ちなみに、シンガポールでは家の中を全裸で歩き回っちゃいけないんだって。

 インドネシア「オナニーをしたものは斬首刑」。ってことは、オナニー鑑賞プレイもNGになるのか。むしろ死と隣り合わせの危険を冒す分だけ、アナルファックよりもオプション料金が高くなるとか?

 タイでは「下着を履かずに表に出てはいけない」。ふむ、だとすると待ち合わせ系のデリヘルでお馴染みの、ノーパン・ノーブラというオプションは法律違反になるんだ…。

 ワシントンD.C.では「正常位以外の体位は違法」。さすがにセックスの体位をまで法律で規制してるなんて呆れちゃうけれど、こればっかりは密室の行為だから逮捕しづらいよね。ていうか、素股だったら騎乗位でも問題ないのでしょうか?

 オレゴン州では「性行為中に夫が罵倒することを禁じている」。つまり言葉攻めがダメってことよね? でもこれって夫婦間の性行為限定? だとしたら言葉責めが好きな男性専門のデリヘルをやれば、かなり繁盛するかも!

 ミネソタ州では「にんにく、玉ねぎ、イワシの口臭を伴って妻と性行為してはいけない」。口の臭い人とエッチするなんて、たとえ風俗で働く女の子だって勘弁してもらいたいもの。親しき仲にも礼儀ありですよね。  

 バージニア州では「照明がついたまま性行為を行ってはいけない」。やっぱりエッチってムードが大切! ていうか、法律で規制するほどバージニア州の男性はムードがないの?

 そして最後に、アメリカの18の州では「口による性行為(オーラスセックス)を禁止している」んだそうです。つまり、クンニもフェラもシックスナインも法律で禁じられたNGプレイに!!! ここまで来るともう商売あがったりです(笑)。世界は広いと言いますが、その広さだけいろいろな規制もあるようです。なんだかんだ言っても、日本って住みやすい国だとは思いませんか?
西日本最大規模の風俗店「カサブランカ」グループ代表、作家。38歳。バツイチになり男の子2人を抱えた極貧生活の中、家の電気が止まってしまったのを機にデリヘル嬢になることを決意。 数年間、デリヘル嬢として働いた後、女の子にとってより働きやすい環境を作るため、自ら店をオープンさせた。 今年で7年目で、現在、広島、岡山、大阪などでデリバリーヘルス(デリヘル)など12店舗を展開している。